URLをコピーしました。

Creema、青森ねぶた祭りで廃棄されていた和紙を活用した製品をクリエイターと商品化し、マーケットプレイスで販売

株式会社クリーマが運営する、日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」が、『日本の祭×Creema アップサイクルプロジェクト』を始動した。同プロジェクトは日本各地で親しまれる伝統的な祭で生じる廃材を、クリエイターたちが持つ技術と創造力で、日常的に使うことのできるアイテムとして生まれ変わらせるものだ。

第一弾として青森市とタッグを組み、青森ねぶた祭りとコラボレーション。ねぶた祭り終了後に、ほとんど廃棄されるしかなかったねぶたに使われている和紙を活用して、24組のクリエイターによるアップサイクル作品を販売している。

1980年に国の重要無形民俗文化財に指定され、東北三大祭の一つに数えられる青森ねぶた祭。毎年8月2日から7日まで行われ、幅約9m、奥行き7m、高さ5m、重さ約4トンに及ぶ大型ねぶたが20数台市内を練り歩き、200万人以上が訪れるまつりだ。

この祭りの目玉であるねぶた作りには高い技術を持つねぶた師が必須だが、人口減少とともに後継者の数が少なくなっている。時間と手間をかけて作り上げた貴重なねぶたにもかかわらず、祭り開催後引き取られるもの以外は解体し、廃棄されているのが現状だ。

これに対し、Creemaは『日本の祭×Creema アップサイクルプロジェクト』で、廃棄されてしまう“ねぶた”の和紙を活用した作品アイデアを募集。100点を超える応募があった。その中から24組のクリエイターのアップサイクル作品が商品化され、Creemaでオンライン販売されることとなった。

また、これらの作品は東京・赤坂にある青森のアンテナショップ「AoMoLink(アオモリンク)」、東京ビックサイトで開催される日本最大級のクリエイターの祭典「ハンドメイドインジャパンフェス」、そして翌年2024年の「青森ねぶた祭り」で展示されることも決まっている。

Creemaは、これまで培ってきたプラットフォーム基盤や発信力、自治体との連携ノウハウを活かし、“ものづくりによる地域共創・社会課題の解決”に向けて取り組んできた。その一環でもある、伝統的な祭をサステナブルな形で未来へと受け継いでいくことを目指す本プロジェクトは、「青森ねぶた祭」を皮切りに、今後「高知・よさこい祭り」、「秋田竿燈まつり」での実施が決定している。

【作品発表!】青森ねぶた祭×Creema アップサイクルプロジェクト|Creema(クリーマ) 国内最大のハンドメイドマーケットプレイス

Creema(クリーマ) |国内最大のハンドメイドマーケットプレイス

青森ねぶた祭 オフィシャルサイト


News新着記事

Trending人気の記事